FC2ブログ

脳髄hack

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみあげのみじかさ

別に書くことなんてないんだけどなビールを4本ぐらいいい気分で飲み続けて寝て会社行ってビール飲んで寝て会社行ってビール飲んで寝て会社行ってビール飲んで寝て会社いって
そんな生活とも言えないようなアナログなダルい時間の流れを刻々と美的に文学的に表現するのもゼロに近いぐらい無理だし何も伝えたい事なんてないしでも何故かこうやってキーボードを打つなんていう至極ダルい動作をたまに誤字なんかしちゃったりしてもちゃんとバックスペースキーを押したりして綴ってる
誰かに反応してもらいたい、あーだうーだそういうコメントとかじゃなくて例えば俺の番号知ってる人ならねえなにかあったのなんてちょっと心配気味に聞いてきたりしてそーだな15分ぐらいどーでもいいような話に付き合ってくれたりするそういう生なリアルなでもすごく微小な変動を求めてるからいちいちこういうFC2なんていう糞重いブログに新規投稿してんだよ
はじめのうちはよかったよブログなんていう名前の通った慣習が自分のモンになったのかなんて次世代ぶったりしてたけどこのFC2ってミラクル重くて昼のコアタイム(昼にコアタイムなんてあんのかよ)に自分で接続してみたらただいま混み合っていますなんてご丁寧な文句添えて別ページ開くしもうどっか引っ越してしまおうかとも思う
でも実は俺今会社に徒歩で通ってんだけど歩いて45分ぐらいかな。自転車買えばはえーのにそれもせず具体的な動作に移るのが至極おっくうに感じていまだ45分もかけて徒歩で会社に通い続けるアホの真髄な俺にとってはブログ引越しなんて携帯のアドレスかえました変更お願いしますみたいな事を行うぐらい無理な話でそれはもうカロリーやらそういうエネルギーチックなもんを消費するんだよだからFC2のままでいい
そうそう俺髪切ったんだよね。坊主にしたいけど坊主はちょっと勇気ないですみたいな髪にしてくださいっつったら店員がめんどくさそーにあーじゃあ短くバッサリいっちゃいますねなんていってくるわけよ
そのぐらいおふふとかアハハとかいって返答してくれりゃいーじゃねーかよ短くバッサリなんて最初にいってるっつーの
しかも美容院ってなんだかやたら気取っててきにくわない
客が望む髪にすりゃいいんだよ栃木に来て何年ですかとか今お前が切ってるもみあげの長さにどう比例してくんだよ2年ですってちゃんと言ったけどな
んで出来上がりは坊主にしたいけどちょっとタメらったみたいなバッチリな感じに仕上げてきやがったよ文句いえねーだろーがよありがとよ
スポンサーサイト

【smtpbox 2.01】 公開

smtpbox200


前回の記事にもリンク貼ったがreadmeが古いまま且つ書くのがめんどくさくてしょうがないからこっちにreadmeのようなものを書くことにする。
DOS窓とかイケてないなんて糞わがままをいう某おぱいが居たのでGUIを用意してあげた。

※リンクなかったW
smtpbox2.01

追加機能は
・GUI
・えんぴつボタンで適当(ランダム)なメアドをクリップボードへコピーする
・虫眼鏡マークでDDNSとIPがリンクしているかチェック
・着信時に下部のログに表示&サウンド再生(有吉ボイス)
ぐらい。
メールが届いたらダブルクリックもしくは選択後左上のメールボタンを押すことによりブラウザから開くことができる。
着信音がうざい場合は、setup.iniにて
sound=nouse
とする。
音を変えたい場合は、dataフォルダに好きな音をつっこんでsetup.iniにて
sound=ファイル名
とする。

infoボタンのSortは、ファイル名(GUIには表示されてない)でソートするからおすすめしない。押すな。
timesstampボタンでソートしてください

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

捨てメアド受信ソフト

無料ゲームやフリーソフト、会員サイト等ではまずメールアドレスを登録し、送付された認証コードなりリンクなりを辿って本登録を行うシステムが採用されていることが多い。

捨てアド作成サイトは探せばいくらでもあるが、捨てアドを自分で持つソフトを作成したので公開してみる。

※最新Ver(GUI化)
smtpbox 2.00

※旧版DOS窓 でも安定はしてる
※バージョン安定した(19時32分追記
※DDNS機能使えるよ
smtpbox 1.11

使い方は簡単だが、TCP25番ポートを開放しないと使えないので「ポート開放って何」って人はちょっと自分で調べてくれよ。(もしくはここにコメント残すでもいい。教える)

上記の通り25番ポートを開放したら、さっそくsmtpbox.exeを起動し(DOS窓開くけど閉じないでね)、このへんから自分のWAN側IPアドレスを調べる。

これで、tekitou@IPアドレス をメールアドレスとして使えるようになったので、好きなだけ会員サイトでもなんでも登録してみてくれ。

例:)
IPアドレスが118.6.71.230なら
spinatch@118.6.71.230
nouzui_hack@118.6.71.230
でもなんでもOK

もちろん、DDNSに自分で登録できる(してる)なら、
spinatch@asdf.dip.jp
のような使い方もできるよ。

届いたメールは同梱のmailフォルダにhtmlとして保存される。(DOS窓にもきたっぽいメッセージはでる)

以上

#添付ファイルくっついてるとどうなるかは未確認(確実に受け取れないとおもう)
#PCぶっこわれたりはしないから安心してください
#バックグラウンドで動かすようにはできるけど、そっちのほうがいいかな?
#不具合や要望は受け付けます。
#IRC #quickhack
#不具合の場合、spiNatchにlogを送付してください。(logフォルダにおかれてるやつ)


テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

好かれる為には格好良くなくてはならない

一昔前はFPSゲームはあまり日本に普及しておらず俺がやっていたCounter-Strikeというゲームも例外では無かった。ただ現在は韓国産の無料FPSゲームがネットゲームの多くのシェアを獲得し、FPSゲームは全くの無名ジャンルとは言わなくなった。

その無料FPSの中でも多くのプレイヤー人口を抱えているのがサドンアタックというゲームであるが、銃の扱いが初心者でも比較的容易であり、運営会社が精力的にイベントを実施したりと、賑わいを見せている。

ただ、多くのプレイヤーを抱えてはいるものの、"本気で実力を伸ばしたい"と考えているプレイヤーは少ないと思われる。"たかが無料ゲー"と帰宅後1時間程度プレイして終了といった人口の方が多いのではないだろうか。これは本気でプレイしていない人間を否定しているわけではなく本気でプレイできないインスタントな存在に成り下がりつつある今のFPS業界を否定しているわけだが何故そんなインスタントなゲームになってしまっているのか。

要因は色々あるが簡単に言ってしまえば"カッコよくない"からだと思われる。

以下の画像を比較して欲しい。
まず数年がかりのアップデートを繰り返し、熟成に熟成を重ねた最高のFPSゲーム、Counter-Strikeのハンドガン装備姿勢である。(CS-Schoolより)
cs_usp

これは前方へ進みながらも進行方向右手側を警戒し敵を捕捉したならば即射殺してやるといった渾身の姿勢であるがどうだろうか。
意見は色々あると思うが次のサドンアタックの画像を見て欲しい。
sudden_usp

手前の銃身で少し見えづらいがこれが2007年に日本へ上陸したゲームの画像である。
少しいやだいぶヘッピリ腰なのは何故かわからないが、お世辞にもカッコよいとは言えない。

また、うまくなった先にはもちろんオフラインの大会等があるわけだがこれも重要なポイントで、この頂点の場でプレイする猛者達が皆ダサい格好をしていたらどうだろうか。
さて今から頑張ってうまくなるぞと思った人間でもその頂点の姿を見てああ俺コレいいやパス・・・という気分になるかもしれない。

何を言いたいかというと"カッコよく"プレイし"カッコよい"ゲームをやれば、それを見た一般の人もああこれはこれでアリかもしれないと思い始め認められスタイルも確立し新たな市場の展開や日本経済の発展や世界平和にもつながると思ったPM23:00

脳髄hack

今日は少し色を変えてプログラミングが何たるかを教えてやろうと思う。
プログラミングと言われても身近なモノではないと考えているHIYOKOたちにはまずそれは大きな間違いであると断言する。
家に帰ったもしくは風呂から上がった君たちHIYOKOはまずパソコンへ火をつけズボンを脱ぎお気に入りのサイトへアクセスして約15分ほど局所的な筋トレを実施すると思うがその筋トレサイトの数ある筋トレグッズを管理しているのも何を隠そうプログラムで、君たちの右手が(もう左手はパソコン操作を行えない状態にある為)マウスをクリックする度にその管理プログラムの各機能が働き、君たちHIYOKOの筋肉へ刺激を与えているわけだからでありつまり筋トレが好きな君たちはこの文章を全て読まなくてはならない。

昔から入門書にはハローワールドと呼ばれるレッスンコードをまず読者へ入力させる手法が取り入れられている。
これは、プログラミングが何たるかを知らん奴に何のことやらさっぱりわからん記号やら英字やらをおぼつかない手つきでなんとかタイピングさせ一つ一つの意味すらMATTAKU理解させんまま実行をうながし最終的にディスプレイに"Hello!! World!!"という文字列を表示させるという実にシュールな現代風のジョークだ。
俺プログラミングはハローワールドでやめたんだよねと言う若者をたまに見かけるがこれは至極当たり前の事であって、世界へKONNICHIWAを叫ぶためにパソコンと入門書を買ったわけではないという意思の表れだと言える。

だからここではもっと現代風の入門コードを示そう。

#!/usr/local/bin/perl

$asahi = "/japan/tochigi/utsunomiya/home/coolbox/asahi.beer";
$limit = 4;
for($i=1;$i<=$limit;++$i) {
&drink($asahi);
}
exit 0;

sub drink {
my $can=shift;
open(BEER,"$can");
while(<BEER>) {
print "うまい";
}
close BEER;
}


まず1行目の#から始まる行は無視してくれていい。
次に飛ばしてasahiの行だが、ここで今日俺が飲むビールを指定してみたわけだが、ニュアンスで読み取ってほしい。
次のlimitはとても重要でビールの本数を指す。今日の体調はどうであるかどんな気分であるか経済的観念からはどうかそもそも飲む時間はあるのかと色々と考えて決めてよい値である。
次にforの行だがこれはとても難しい。日本語で簡単に説明すると、本数分だけ{ }の中を実行するよと言っていて今回このコードだとその{ }の中は&drink($asahi);になる。
要するに、このコードだと&drink($asahi)を4回繰り返すという事だ。
じゃあその&drink($asahi)ってどういう事なんだということだが、これはとても簡単でsub drink{ }の中へ$asahiを渡して実行させるというニュアンスでいい。全然これでいい。
そして次のexit 0;だが、これはプログラムの終わりを指す。実はこうやって明記しなくても実際はよいのだが、ここで終わるということを阿呆な君たちに伝えたかったら書いただけである。
で、さっき説明を飛ばした&drinkへ戻るが、ここで sub drink { }へ$asahiを渡して実行させているわけなんだけれどもそのsub drink { }の中身を見てみよう。
まずmy $can=shift; だが、このmyというのは"俺様のものだ"といういわゆる縄張り意識や物の独占の意思を指す。何を独占しているかというと、shiftを独占しているわけだが、このshiftというのはこのコードの場合は"渡されたものの最初"を指す。
今回は$asahiしか渡されていないので、$asahiを指すことになるのは阿呆の君たちにもわかるとおもう。
次のopen(BEER,"$can"); だが、このBEERと指定されたやつのことをファイルハンドルという。何それって感じだと思うが、ファイルのハンドルだとしかいえない。実際はそんなファイルハンドルとかいうものはどうでもよく、$canを開けたらBEERさんだよという事でよい。また、大事な事だから大文字でBEERと書かれている。ビールは大事だからだ。

次のwhile(<BEER>){ }は、BEERがなくなるまで{ }の中を実行するという意味である。
何を実行しているかというとprint "うまい"; なわけだが、これは"うまい"と叫ぶことを意味する。しゃべるではなく叫ぶ だ。
最後のclose BEER;はゴミ箱もしくは足元へビールカンを放り投げることを指す。

要約すると、limitで指定した数だけアサヒを開けてうまいを連呼するというプログラムなわけだがどうだろうわかってきただろうか。


上記コードを見ればわかると思うが、実は筋トレサイトに限らず実際君たちHIYOKOは何をするにもその脳髄へプログラムコードを書き、繰り返し実行しているわけなのだ。

幸福論

いつかmixiの日記にも書いたテーマだがブログを書くという行為にある一種の憧れを抱いていた俺は、既出のネタでもかまわず投稿する。

人間はみな幸福を求めて仕事をしたり家庭を守ったりちょっと先にある不安を取り除いたり宝くじを買ったりしているわけだが幸福っていうのはそもそも何だろうということだって時折大体二月に一度ぐらいは思い巡らせNAYAMI意味の無いため息なんてついてみたりして、それでもやはりわからない不明瞭な概念であることを思い知らされる。

だからこの俺が幸福とは何かを等号的に指し示そうということではない。

幸せ・幸福なんて言葉はIMADOKIの若いお兄さんが新聞を読む回数より職場や学校やNHKやらそのへんの道端で見つけるわけだがその実態を掴むことは容易ではなくいや容易ではないというレベルではない。

微分やら積分やらベクトル方程式やら天安門事件のイコールの右っかわを、こうだこれが正解だ異論は認めないという傲慢ともいうべき態度で指し示す人類でもこの幸せ/幸福の右っかわは教科書に載せれるぐらい自信満々に定義することはできない。

何故かというと例えばアインステインのような誰でもああこの人は天才だわと認知している人物が足し算やら引き算やら微分やら積分やらベクトル方程式やらデモやらを繰り返しこうだこれが正解だ異論は認めないと幸福の右っかわを定義したところでそれをその通りバカでもAHOでもアインステイン本人でも誰でもいいが履行したところでその誰もがああ俺は幸福だと頬をテカテカさせて悦に至る事はできないからである。

ただ、幸福とは何かを口で鮮やかに説明できなくとも、ああ俺今幸せだわと思う瞬間は誰にでもある。

腹が減って減ってしょうがない時の牛丼の一口目だったり酒を飲みながら素晴らしい音楽を聴いている時だったり酒を飲みながら十八番の曲をハイテンションに歌い続けるカラオケのひと時であったり酒を飲んだ後にお気に入りのANOKOの中へ侵入している時だったり、人それぞれに心のバイアスがギューンとレッドゾーンへ吹っ飛ぶ時があるはずである。

最近周囲の人に株やら先物取引やらで儲けて会社を立ててアフェリエイトなんていうもんをやったりして誰もが持てるようなもんじゃない金やら黒やらの信販カードを持ち歩いて六本木やらそのへんのでっかいビルの一角に自分のIBASHOを持つことが幸せの境地だとか思っている資本主義の賜物のような思想家がゴマンといるけれども、例えば扱う金銭が一桁増えた場合そうだな100万の買い物を今までの10万の買い物のような気分で行うようになった場合その気分と同様に一桁落ちた満足しか得られないと思われる。

これは何故かと言うとこの俺だって幼少から今に至るまでに扱う金銭が最大一桁ほど変わっているのにもかかわらず、あの時あの夏休みに100円のジュースを買った時の満足感を1000円のシーザーサラダですら感じることができないからである。

意外に長くなってしまったが何が言いたいかというと、数字に幸福を求めたところで一旦得てしまうと夏休みの100円ジュースの満足感を得るための必要資金が増えただけという現実に直面するだけであるということと、幸福なんていうものは口で明確に説明できなくともその辺の国道沿いの吉野家にでも転がっているもんだという事である。

書き出し

ブログを開設したのはいいが何を主題に何を求めて執筆すればよいかわからずPCの前にて正座し煙草を2,3本吸い澄んだ青空を視界の左斜め前方上方に捉え15分ほど考えている。

自分の日常は仕事/自慰/酔拳の3極なわけだが1を主題にするとコンプライアンスの観点から書きづらいこと書くべきでないことが多く難しい。2を主題にすると自分の性癖をこの広大なインターネットへ晒すことになり自宅ドアを開けるその手の動作にコンマ3秒のTAMERAIを生む事になると予想できる。3を主題にするつもりではあるがそれのみを書き続けるのもどうにもこうにもしっくりこない。

ここで目に見えない自覚できていないHAKKIRIしていない4を探す事におよそ15分を消費していたわけだ。
やけに厭世的なニヒルな雰囲気をかもしだし、お前たちはわかっていない俺はわかっているだが教えないといったような、反資本主義的なMOHSOWを右にならって書くのも悪くないが実際自分は世の中が嫌いというわけでもない。好きだと言い切ることだってできる。
かといって10歳ほどの少年が100円玉を握り締めて花屋へ来店し今日は母の日だからこの花をママに買ってあげたい、よしわかった今花束にしてあげるからすぐにママへ届けるんだよといった心温まるストーリーも特別記憶していない。

無為にここまで書いてはみたけれども要するに主題という主題はなくそれはそれでよいという一種のAKIRAMEが脳髄の80%ほどを占めているのでこれはこれでよいとした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。